国立 立川 皮膚科 ニキビ しみ ほうれい線

国立・立川 皮膚科 アレルギー科

国立・立川・西国分寺の皮膚科 アレルギー科 武蔵野皮フ科クリニック国立分院

土日も診療

JR国立駅南口徒歩2~3分

花粉症について

いまや国内でも多くの人が花粉症にお悩みです。

花粉症はアレルギー体質の人が花粉に繰り返しさらされると、体内に花粉に対する抗体(IgE抗体)が沢山つくられ、アレルギーを引き起こす細胞に結合します。

この抗体と細胞が結合した状態で、花粉が体内に入ってくると、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの原因となる物質が放出され、花粉症が起こります。

花粉症の治療

薬による花粉症治療

症状がでる前に薬を服用することで、花粉症の予防を行います。

花粉症の症状がでるおよそ、2~3週間前から「抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)」を飲んだり、点眼薬(目薬)や点鼻薬を使います。

最近の第二世代とよばれる抗ヒスタミン薬は、眠くなりにくく、服用が1日に1度でよいのが特徴です。鼻のつまりが酷い時は、ロイコトルエン拮抗薬やトロンボキサンA2拮抗薬など、薬を併用することもあり、つらいアレルギー症状に効果が期待できます。

点眼薬や点鼻薬は、抗ヒスタミン薬のほか、局所ステロイド薬を使用します。ステロイドと聞くと驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、強力なステロイド剤を使用するわけではありません。また副作用の少ない有効な治療法で、直接、アレルギー性炎症をコントロールすることが可能です。

花粉症の予防

花粉症は、治療の他に日常生活でのケアも、アレルギー症状の緩和に効果が期待できます。

花粉の回避

辛いアレルギー症状を抑えるために、できるだけ花粉などの抗原を避けることが基本です。

  • 花粉の多い日は外出を控える
  • 花粉症用のマスクやメガネを使用する
  • 帽子などで髪の間に入る花粉を防ぐ
  • ニットなどの花粉が入りやすい素材を避ける
  • 帰宅時に手洗い、洗顔、うがいなどの他に衣服の花粉も払う
  • 掃除機の他室内の拭き掃除も行う
  • 洗濯物やふとんは極力外に干さない
  • 空気清浄機、加湿器などを取り入れる
  • 栄養バランスのとれた食事を取る

これは花粉症だけでなく、アトピー性皮膚炎などの他のアレルギー疾患にも言える事ですが、ストレス、睡眠不足、疲れ、多量の飲酒などは症状を悪化させる要因になりますので、普段から規則正しい生活を送ることをおすすめ致します。

このページの上まで戻る