国立 立川 皮膚科 ニキビ しみ ほうれい線

国立・立川 皮膚科 アレルギー科

国立・立川・西国分寺の皮膚科 アレルギー科 武蔵野皮フ科クリニック国立分院

土日も診療

JR国立駅南口徒歩2~3分

ピアッシング後のケア

18歳未満の方及び、高校在学中の方は、エステ、ピアス等の自費診療は
親権同意書、もしくは保護者同伴が必要となります。

  1. 穴あけ用ピアス(ファーストピアス)を開けてから1ヶ月間はピアスを取り外さずにそのままにして下さい。
  2. その日から入浴や洗髪も可能です。
  3. 当日から3日間は処方された抗生剤をお飲み下さい。
  4. ピアッシング部が赤く腫れたり痛みがあるときは、速やかに医師にご相談ください。
  5. 1ヵ月後、再度受診していただきます。その際に、こちらでセカンドピアスに交換いたしますのでご自身でご持参下さい。
    注意
    持参いただくピアスは穴あけ用ピアスのようにさらに一ヶ月ほどしたままの状態になりますので、ぶら下がるタイプのものや、デザインのある引っかかりやすいタイプのものではなく、小さめのシンプルなものをご用意下さい。
  6. セカンドピアスの後は、どのようなタイプのピアスでもつけることが可能ですが、入浴時や就寝時はピアスをはずされることをおすすめします。
  7. 長期間ピアスをつけていないとピアス穴が小さくなったり、ふさがったりすることがありますのでご注意下さい。

※他院やご自身であけられたピアスホールのトラブル等もお気軽にご相談ください!!

料金表はこちら

このページの上まで戻る