国立 立川 皮膚科 ニキビ しみ ほうれい線

国立・立川 皮膚科 アレルギー科

国立・立川・西国分寺の皮膚科 アレルギー科 武蔵野皮フ科クリニック国立分院

土日も診療

JR国立駅南口徒歩2~3分

プラセンタ注射

プラセンタとは「胎盤」のことで、胎児が発育するのに必要不可欠なものです。母親の胎内で一個の受精卵をわずか10ヶ月の間に、約3kgまでに育て上げると言う驚異的な働きを持つ組織です。

医療用プラセンタは胎児の発育に有効な成分を抽出したエキスで、アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど100種類もの成分が含まれており、医薬品や一般医薬品 に広く利用されており、肌の若返りや老化防止、疲労回復など美容から医療まで様々なお悩みに効果を発揮します。

プラセンタとは

プラセンタ(placenta)とは哺乳動物の胎盤のことで、医薬品の世界ではこの英名の方が広く使われています。

胎盤は、妊娠中の胎児を包む膜(羊膜)と、子宮とを結ぶところに位置する円盤状の、妊娠中に臨時に作られる臓器です。

その役割は、母体の中にあって、まだ人間の体として一本立ちしていない胎児と母親を結ぶところに位置して、胎児の各種臓器を代行することです。また、母親から供給される栄養分を胎児に運び、胎児の排池物を母親の体に渡す役割も担っています。さらにホルモン分泌するほか、毒物などの物質の侵入から胎児を守る免疫機能の役割も果たしています。

いずれにしろ着床した受精卵がわずか10ヶ月で、みごとな赤ちゃんに成長するのは胎盤の働きによるところが大きく、その役割を果たす期間は短いものの、まさに万能臓器と言えるかもしれません。

効果のある症状

美肌、美白、シミ、シワ、たるみ、くすみ、ニキビ、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、皮膚の乾燥、疲労、生理痛、生理不順、冷え性、便秘、更年期障害、イライラ、高脂血症、腰痛、肩こり、関節痛、筋肉痛、リウマチ、膠原病、免疫低下時

料金表はこちら

このページの上まで戻る